スラムドッグ$ミリオネア (2008)

スラムドッグ$ミリオネア(Slumdog Millionaire)は、2008年の
イギリス映画。インド人作家のヴィカス・スワラップの小説『ぼくと
1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社)をダニー・ボイルが映画化。
第33回トロント国際映画祭観客賞、第66回ゴールデングローブ賞
作品賞(ドラマ部門)、第62回英国アカデミー賞作品賞受賞。第81
回アカデミー賞では作品賞を含む8部門を受賞した。

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=
スラムドッグ$ミリオネア

監督:ダニー・ボイル
出演:デーヴ・パテル,マドゥール・ミタル,
フリーダ・ピント,アニル・カプール,イルファン・カーン
収録時間:120分




Story
インドのスラム出身の少年ジャマールは人気番組「クイズ$
ミリオネア」に出演し、あと1問で2000万ルピーを手にできる
ところまできた。
しかし、これを面白く思わない番組のホストは警察に連絡。
彼はズルをして正答を得ていたとされ、詐欺容疑で逮捕され
てしまう。ジャマールは、警察署での警官の厳しい尋問に対し、
正答を知ることになった自分の過去を話し始める。そこには
1人の少女を追い続けた彼の人生の物語があるのだった…。
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=

impression

「クイズ$ミリオネア」を題材にして、インドのスラムでは、貧困
から生きるために小さな子どもたちがお金を稼いでいる背景が
あり、大金を手に入れるまでが描かれている。人を愛すること・
兄弟のあり方も同時に描かれている。

アカデミー賞8部門受賞という事と「クイズ$ミリオネア」という
題材で興味を惹かれました。見逃していた映画だったが、自宅
の近くの映画館でアンコールで鑑賞することができた。この映画
は、映画館で観る価値のあるいい映画でしたね。
観れて幸運だった。

この作品の始まりと終わり方が面白い。観客まで「クイズ$
ミリオネア」に参加しているような感じだった。
始まっていきなり、「主人公が大金をどうして手に入れられた
か?」a. インチキ b. ・・・ C. 運命 D. ・・・・と4択が迫られて
、最後にその答えで終わる。とてもユニークな発想でした。

スラムに住む子供たちが生き抜くため過酷な運命で生活している
様子をみて胸が痛んだ。そんな中で懸命に生きてきたからこそ、
クイズが答えられる知恵がついたのでしょうね。

いろんな視点でこの作品を観ると違った解釈ができるだろうから、
DVDが発売されたら、もう1度観たいと思う。メッセージ性のある
いい作品でした。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック