少年メリケンサック (2009)

宮藤官九郎の、監督2作目となるハイテンションなコメディー。
ひょんなことから凶暴なオヤジ4人組のパンクバンドを引き連れ
て全国ツアーに出ることになったお気楽OLの奮闘を描く。

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・
少年メリケンサック
監督:宮藤官九郎
出演:宮崎あおい ・佐藤浩市
・木村祐一 ・田口トモロヲ
・三宅弘城・ユースケ・サンタマリア
収録時間:125分

Story
メイプル・レコード新人発掘部門のかんなは、会社退職予定
の動画サイトに投稿されたパンクバンド、少年メリケンサック
に釘付けになる。
イケメンギタリストがギンギンに弾きまくり、凶暴なパフォーマ
ンスでファンを熱狂させているのだ。早速、バンドとの契約に
乗り込むと、そこにいたのはイケメン青年ではなく、昼間から
酔っ払ったオッサン。動画に投稿されていたのは25年前の
ライブ映像で、メンバーは50代になっていた!
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・
impression
この作品は、バンクバンドをベースに新人発掘部門にいた
かんなとバンドメンバのドタバタムービー。

この作品は、アニメのようなイメージがするドラマと考えて
よいでしょう。カンクローワールドが広がっていたが、この
作品の良さがわからない。映画として観なければいいの
かもしれません。
鑑賞後、ストーリーのつくりが荒くて、この作品の魅力が
わからなかった。パンクの良さを知っていない私だから
なのか?は疑問である。

青春時代のバンドが現代で騒がれ、おじさんバンドとして
活動しようと試みていたが失敗ばかり。
子供じみた行動(暴力的)や見た目の汚さがあまりよく思う
ことができなかった。
個人的には、もう少し青春のあつい感情を大人になっても
忘れないで表現してほしかった。何を伝えたかったのか?
いまいちわからない。

パンクは、人生の生きざまというけれど、この作品の主人公
たちの生きざまは賛成できなかった。

宮崎あおい・田辺誠一の演技は素晴らしいと思った。
この二人がこの作品を支えていたと思う。
特に宮崎あおいは、今までの印象とは違ういろいろ面があり
面白かった。やはり、あおいちゃんの演技はすごいな。
田辺誠一の壊れ方は、最高でした 笑

う~ん、どうなんだろうという作品ですね。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック